住まい購入時に必要な物件以外の資金

住まい購入時に必要な物件以外の資金

住まいというものは本当に安らぎを与えてくれるものです。

住まいというものは本当に安らぎを与えてくれるものです。住居という単純なものではないと思います。住まいには人の息吹が感じられるのです。それは、生活していく中で出来ていくものだと思います。住居が、人によって住まいに変わっていくのではないかと考えています。単純に箱としての住居が、人が生活を重ねて行くことで、だんだんと味が出ていくのです。百年もたった旧家を考えていただくと、わかりやすいのではないかと思います。実際に建った時よりも、百年たった今のほうが味が増していると思います。それは、まさしくそこに住んだ人の痕跡が感じられるからではないかと考えています。

それは、非常に重要な意味があると思うのです。単純に箱としての住居に、住人が味を加味していっているということなのです。そして、その味が、なんとも言えない魅力となっていくのではないかと思います。そして、オンリーワンの価値が生まれてくるのではないかと感じるのです。そういう年月と人の営みが住居を住まいに変えていくのではないかと思います。それは、非常に興味深いことだと思います。そうやって、だんだんと変わっていく住まいが増えていくことで町全体に魅力が増すのではないかと思います。そして魅力となっていくのです。唯一無二の存在になっていくのではないかと思います。