住まい購入時に必要な物件以外の資金

住まい購入時に必要な物件以外の資金

住まいを確保することは

住まいというのは、要するに住むところなのですが、日本ではこれがないと仕事が出来ないことが多いです。要するに仕事に応募しようにも住所がないので応募できないのです。実はこれが意外と問題になっており、一度住まいを失った人が再び立ち上がることができない理由の一つにもなっています。ですから、しっかりと住まいは確保しておくべきであるといえます。これには賃貸にするべきか、購入するべきか、という議論に発展するくらいのものなのですが、この場合は購入したほうが良いです。何故ならば、戸建ての場合は固定費が固定資産税くらいだからです。マンションの場合は管理費がかかるのですが、戸建てならばそれは不要です。もちろん、マンションでも問題はないです。基本的には借りるよりも買ったほうが住まいを確保する、という点においては重要であるといえます。しかし、それでも注意しないといけないことがあるのですが、それは場所です。

例えば、そこにずっと住むのであればよいのですが、そうでないのであれば買うのはリスクがあります。仕事を安定させるために買うのに転勤などが起きる可能性があるからです。ですから、借りることもそうしたリスクを抑える点においては優秀です。